風に立つライオン 感想

見た映画の感想

3月14日に公開された映画、
風に立つライオン。

5月8日までの公開だったので?
レイトショーで見てきました(・ω・)/

109シネマズ木場で観てきたんですが、
エグゼクティブシートで堪能してきました♪

てか、観客2名ってww

で、感想。

「これって実話なのかな?」
と思いつつ、なんか、

大沢たかおさん演じる医師のような、
誰かのために尽くせる。
そんな人間になりたいなあと思ったり。

あ、実はこの映画。
大沢たかおさんがさだまさしさんの曲に
惚れこみ、小説化と映画化をお願いした
というエピソードがあるそうな。

で、風に立つライオンは実話では
ないようですが、モデルとなる医師が
存在します。

それが、柴田紘一郎先生。
映画と同様に長崎大学医学部に入学し、
青年海外協力隊の医療援助として
ケニアに行ったという経緯。

その地で、石原さとみさんのような
美人日本人看護師と出会うのか
どうかは?

定かではありませんw

感想としては、観て良かったなと
素直に思えた映画でした。
風に立つライオン感想
誰かのために、
命を懸けて全力で行動できる人間に
私もなりたい!

そんな印象を抱きながら、
胸が熱くなる映画でしたよ(・ω・)/

あ、でもこうなったほしかったな~
というのは?

大沢たかおさん演じる医師、島田航一郎さん。

日本に残してきた恋人が真木よう子さん
演じる医師。

で?
ケニアで出会うナースが石原さとみさん。

真木よう子さんと別れるのは
仕方ないとして。

石原さとみさん演じる「ワカコ」
と航一郎医師。

くっついてほしかったな~と。
現地で結婚。

いいじゃないですか(/ー\*) イヤン♪

ま、残念でしたということでw

ところで、109シネマズ木場。
レイトショーが終わって出ると?

ちょっとしたイルミネーションが
綺麗だったので撮影w
レイトショー後の109シネマズ木場を出たらこんな景色が
余談ですw

タイトルとURLをコピーしました